法人購入について

便利なリースシステムでマリンスポーツ&レジャーがとても身近になります。

マリンスポーツを手軽に楽しみたい・・・どなたでも資金運用の問題で頭を痛めるところです。しかし、現在では 便利なリースシステムを導入し、法人としてマリンレジャーに参加する企業が多くなりました。 リーズナブルで合理的な方法として、マリンスポーツ&レジャーがとても身近になります。 新しい時代を新しいシステムでどうぞ。

ボートは短期間で費用計上できます。

一般的なモーターボートの耐用年数(減価償却期間)は4年間ですので、短期間で損金として計上できます。
(総トン数20トン未満の場合)

固定資産の償却率(1年事業年度の場合)

一般的なサポート
耐用年数 4年
定額法償却率(年率) 0.250
定率法償却率(年率) 0.5

ボート購入に関わる費用

イニシャルコスト
船体(エンジン・備品一式含む)
法定検査(含代行料)
廻航料(工場~目的地)
オプション(航海計器他)
マリーナ申込金
マリーナ預り金
船台
ボート免許取得受講料
ランニングコスト
マリーナ年間保管料
年間運航契約料
ボート総合保険
年間燃料代(リットル×時間×日×円)
年間メンテナンス料

ご購入の形態

1.現金支払いの場合

ご契約時に艇体関係の3分の1をご用意いただき、残金と消費税は納品日までにご用意いただきます。

現金お支払い方法
ご契約時 ご契約金額の30%
艤装着手時 中間金50%
船主名義登録時 残金20%

2.クレジットご利用の場合

クレジット契約にお申し込みいただき、クレジット会社より了解の連絡が来た時点で頭金をご用意いただきます。
残金は84回(7年)までの分割払が可能です。

3.リースご利用の場合

法人でボートの導入をご検討の場合リースで導入する方法もあります。
使用する法人の業種、従業員数、年商、資本金、経営内容により異なりますが、会社の厚生施設や業務用にご利用の場合、リース料が経費でおとせます。したがって、資産として計上したり、減価償却固定資産税の申告、納付の必要はありません。 ボートの場合、最短リース期間は2年です。

リース利用のメリット
リース料は経費処理することができます。
事務手数を大幅に軽減できます。
資金が有効に使えます。
銀行の借入枠は手付かずで残ります。
固定資産に計上しなくてすみます。
リース期間は次の範囲で任意に設定出来ます。
新艇(法定耐用年数):4年
中古艇(法定耐用年数): 2年

リース料(月額リース料/船体価格が1千万円の場合)

ボート・マリンジェット(耐用年数4年)

月額リース料(前払い3ヶ月時)
24ヶ月 461,600円
36ヶ月 321,700円
48ヶ月 251,700円
月額リース料(前払い5ケ月時)
24ヶ月 457,900円
36ヶ月 318,900円
48ヶ月 249,500円

法人の代表者にうかがいました。

A社長の場合

輸出業を営むAさんは、ヤマハ38コンバーチブルをリース購入しました。ボート購入のきっかけをお聞きしたところ、 ヤマハの51ftからの代替で、大きなボートからサイズの小さいボートへの変更でしたが、ヤマハ38コンバーチブルの性能に惚れ込み、このボートであれば荒れた海でも問題にならないし、安心して使用できると確信したそう。現在は、釣り好きの社員と、毎週のようにホームポートから2時間ぐらいのところまで出かけて釣りや、クルージングを楽しんでいます。「年に2回ほどカジキ、カツオなどを求めて外洋まで出かけているが、このヤマハ38コンバーチブルは外洋でも安心して乗っていられるので、本当に購入して良かったと思っています。」と語るAさん。
このボートの購入方法を検討していたときに、ヤマハ担当者からリース購入も出来ると聞き、また残価設定プランもある事の説明も受け、毎月の支払が楽になる残価設定付リースで、リース期間は5年で購入しました。リース料には、ボートの物件代金の他に、ボート総合保険が含まれていて、安心して使用できます。月々一定のリース料によって均等に費用化出来、コスト把握が容易に出来ることが、メリットだそうです。「当分、このヤマハ38コンバーチブルをマリンライフのパートナーとして、家族、友人、社員のみなさんと 釣りやクルージングを思う存分楽しみたいと思っています。」とのことです。

リース期間、保険内容、残価設定など各リース会社とお客様の契約条件によりリース内容が異なります。

B社長の場合

コンピュータソフト開発の会社を営むBさんは、SC-30eXを購入してくださいました。まずは、ボート購入して良かった事を尋ねると、「神経を使いストレスが溜まりやすい仕事内容なので、ストレス発散の目的でボートを購入しました。社員と一緒に海に出る事で、以前よりコミュニケーションが深まり、社内が明るい雰囲気になった。何より若い社員と一緒に遊べるのがボート遊びの良い所だね。」とのこと。現在は一級免許に挑戦中で、今夏は伊豆大島まで足を延ばすのが目標。いずれは社員でチームを組んでカジキ釣りにチャレンジするのが夢だそうです。「最初、ボートはとてもハードルが高い遊びであると敬遠していたが、良い販売店の営業マンに懇親丁寧にご指導いただいたお陰で、すんなりと入っていけた。親身になって相談に乗ってくれるくれるような販売店とつき合う事が重要だね。車とは大きく違うのはその点だね。」と語ってくださいました。